看護学部 医科学領域科目高齢医学および循環器内科Geriatric Medicine and Cardiology

JapaneseEnglish

研究室HP

写真掲載無用

(研究テーマ1)遺伝子への情報伝達あるいはエピジェネティックな遺伝子制御を行う構造として核骨格に注目している。動脈硬化過程の平滑筋細胞、肥大・分化過程の心筋細胞、再生過程の骨格筋細胞を対象として、遺伝子―CTCF蛋白―核骨格の関係を生化学的、形態学的に研究している。
(研究テーマ2)精神的ストレスが動脈硬化進展に結びつくメカニズムについて、ストレスホルモンと炎症性サイトカインの関係に着目して、動物実験研究および臨床研究を行っている。
(研究テーマ3)高齢者救急疾患に対して迅速かつ的確に病態診断し積極的医療を行っており、その際にプリミティブな症候の持つ実用的価値を研究している。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(6511,6512) / FAX: 076-286-6053 / Email: kiwai@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

教授

  • 岩井 邦充 1

主な研究業績

部門別研究業績

  • Immobilization stress inhibits intimal fibromuscular proliferation in the process of arterial remodeling in rats. Iwai K, Takahashi T, Nakahashi T, .Nomura K, Atsumi M, Zeng L, Ishigami K, Kanda T, Yamaguchi N, Morimoto S Hypertens. Res 31 977-86, 2008
  • Endogenous opioids prevent intimal hyperplasia after endothelial injury in rat aorta.
    Kawanishi K, Iwai K, Matsumoto M J Kanazawa Med Univ 26(3) 162-69, 2001
  • Disruption of microtubules as an early sign of irreversible ischemic injury. Immunohistochemical study of in situ canine hearts. Iwai K, Hori M, Kitabatake A, Kurihara H, Uchida K, Inoue M, Kamada T.  Circ Res 67 (3) 694-706, 1990
  • Increased expression of DNA cointroduced with nuclear protein in adult rat liver.
    Kaneda Y, Iwai K, Uchida T Science 243 (4889) 375-78, 1989
  • 冠微小血管塞栓における心筋虚血の回復に関する実験的検討―遷延性心機能低下と組織的特徴。 岩井邦充 脈管学 128 (3) 199-206, 1988

主な外部研究資金

  • 2006―2007  文部科学省 科学研究費補助金 萌芽研究
    精神的ストレスの単球・マクロファージを介する急性冠症候群発症への関与
  • 2002―2003  文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(C),
    脳MRI検査における血管周囲腔の拡大と血管周囲組織障害の関連に関する研究